1周年のお祝いとしてフリー朝食ウィークを開催します。(Event 12/3~12/10)

Blue Hour Kanazawaは11月18日にオープン1周年を迎えました。
日本人も安心して泊まれるゲストハウスとして、多くの日本人をはじめ、外国の方々に利用していただいております。

遅ればせながら、12/3~12/10の期間、1周年のお祝いとしてフリー朝食ウィークを開催します。
期間中にご滞在中のゲストには、無料でパンをふるまいます。
フリードリンクコーナーのドリップコーヒーや紅茶とともに、Blue Hour Kanazawaで朝食を楽しんでください。

-1st anniversary Breakfast free event!!-

On Nov.18th , We had our guesthouse very 1st anniversary.
As an anniversary event, we will serve guests FREE bread!
Enjoy breakfast with a cup of dripped coffee or black tea at Blue Hour Kanazawa.

Blue Hour Kanazawaには、 ゲストハウス紹介本「ゲストハウスガイド100」と「ゲストハウスに泊まろう♪」が置いてあります!

Blue Hour Kanazawaには、
ゲストハウス紹介サイトFootPrints【Japan Hostel & Guesthouse Guide】を運営している前田 有佳利 (Yukari Maeda)さんが出版された「ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel & Guesthouse Guide」と、最近昭文社から出版された「ゲストハウスに泊まろう♪」が置いてあります。

ゲストハウスに興味がある方は、ぜひ手にとって見てください。

日本全国の個性的でおしゃれなゲストハウスがたくさん掲載されています。

数年前までは、ゲストハウスは外国人旅行者が安く泊まるためだけの施設でしたが、最近は日本人の若い旅行者も積極的に利用するようになってきたようです。

ゲストハウスが選ばれるようになったのは、匿名性がありプライバシーが守られているけれど殺風景で所在なげなホテルの客室に泊まるよりは、多少プライバシーに気を使うけれど、人の気配があり非日常を感じられるゲストハウスに泊まったほうが楽しい!と思うからでしょうか?

それとも、ただ単に安いというだけで選ばれているのでしょうか。

前者のような理由でゲストハウスを選ぶ人が多いのであれば、ゲストハウスを運営する側からすると、このビジネスはとても魅力的でやりがいのある仕事です。

お客様が料金を理由に泊まるのではなく、ゲストハウスが持っている雰囲気や提供しているコンテンツ、またその理念などに共感してくれるのであれば、どんどんその世界観を磨いていく努力を続けることができるからです。

Blue Hour Kanazawaも、大きなくくりでいうとゲストハウスです。まだまだ日本人にとっては敷居の高いゲストハウスに、少しでも触れてもらおうと考えています。

ゲストハウスに泊まったことがない人でも安心して宿泊できるよう、知恵を凝らしたいと思います。

ぜひ、気軽に泊まりに来てくださいね。